小顔矯正おすすめランキング

おすすめランキングBest5

小顔矯正の小顔科学研究所
名古屋院

(5点/5点中)

おすすめの理由
  • 痛みのない唯一の小顔矯正!
  • 思い通りの輪郭にできる!
  • 超有名芸能人も多数来院!
  • 業界初の効果がなければ全額返金保証!
  • 小顔矯正のお試しコースあり

体験者の方のビフォー・アフター

小顔科学研究所をもっと詳しく見る

西市まはろ接骨院

(4点/5点中)

おすすめの理由
  • 小顔矯正を行う接骨院!
  • 継続的にファンを増やしている!
  • アフターケアも充実!

Body Style(ボディスタイル)

(4点/5点中)

おすすめの理由
  • 納得感のある結果!
  • お試しあり!
  • 矯正内容も充実!

KSラボ

(3点/5点中)

なごやの森

(3点/5点中)

小顔矯正とは

小顔矯正ってそもそも何?

小顔矯正とは文字どおりで自分自身の顔を小さくするように矯正を行なっていくことを言います。

その方法は様々で、自宅でできるものもあれば、プロしかできないようなものもあります。

今回は様々な方法を探してみましたが、方法としては様々です。どのような方法があるのかをしっかりとみていきましょう。

顔が大きく見える原因は何?

それではそもそも小顔矯正をしなければいけない状況ってどういう時でしょうか。

個人によってバランスは様々ですが、一般的には顔が大きく見えるから小顔矯正を行いますよね。

顔が大きいっていうのはどうしても気になりますし、ファッションを楽しもうとしても顔が大きかったらついバランスが悪くなってしまいがちで素直に楽しめなくなります。

それではいったいどういう原因で顔が大きくなっているのでしょうか。

顔が大きくなることにはいくつか原因があります。

まず1つめは顔のゆがみです。 ゆがみはもちろん生まれつきあるものですが、ここで気になるものは生まれつきのものではなく、自身の癖からくるものを指します。

例えば頬杖をつく、足を組む、怒って片方の目元だけを釣り上げるなどです。これを長年行うことによりそのような癖をつけてしまうのです。

そのほかにもむくみやたるみ、脂肪がつく等様々な原因がある事がわかります。

実際にそれを解決する方法

それではどうやって行えば一番解決出来るでしょうか。

まず自宅で行うといえばマッサージがあります。

これはたとえば顔のリンパの流れを良くするためのマッサージがあります。また、プロに任せる方法ももちろんありますが、様々な方法がありますので自分に合ったものを選んでいきましょう。

たとえば、コルギという骨の矯正方法もあれば、振骨方法という軽めに顔を叩いて優しく矯正をしていく方法もあります。

そのほかにもいわゆる注射を打って脂肪を無くしていくというものもありますので、本当に様々です。

そのため自分自身が一番納得できるという方法を探していきましょう。

名古屋人の美容意識

名古屋人の美容意識は非常に高いことで有名です

名古屋の人は全国的にみてもかなり美容意識が高いことをご存知ですか?

たとえば有名な名古屋嬢という言葉もありますし、最近では当たり前になりましたがお姉系と言われていたファッションも生まれは名古屋と言われていますし、今はもう消えてしまいましたがお兄系というファッションの発祥も名古屋と言われています。

それほどファッション意識が高いところだともちろん美容が発展することは自然な流れと言えるかもしれません。

それでは具体的にはどのようなものが流行っているのでしょうか。ここでは美容意識の高い名古屋で流行っているものを調べてみました。

小顔矯正が大人気!

結論からいうと、名古屋で美容意識の高い女性で人気なのが『小顔矯正』です。

美容には小顔矯正以外にもエステ等もありますが、どうしてそれよりも小顔矯正の方が人気なのでしょうか。

答えは簡単で、小顔矯正はどうやってもごまかしがきかず、かつ初対面の人でも真っ先に印象が残るのが顔の大きさだからです。

変な話ムダ毛は洋服を脱がなければわからないことが殆どです。

体型も洋服でかなり誤魔化す事ができます。

しかし顔だけは全くそういったごまかしが効きません。

だからこそここに力を入れているようですね。

小顔矯正はどのような方法でやっているかというと、これは人それぞれのようですね。

たとえば、美容系のクリニックに通ってそこで注射を打つことにより脂肪を無くしたり、大顔の原因であるたるみを無くしたりする人もいます。

そういう人の他にも脂肪ではなく骨格から矯正をしようとする人も多いようです。

共通して言えるのが、費用は決して高すぎず、アルバイトをしている人でもしっかりとお金が払えるようなものばかりだということです。

周りが積極的に行うからこそそういったところで力をいれているのですね。

トップページへ